イベント・セミナー情報 お知らせ詳細

イベント・セミナー情報 2019.07.04 2019年7月25日(木) 東京開催 MSA無料セミナーのご案内 「大豆イソフラボンの機能性とその応用」  日本薬剤師研修センター単位付与講座

2019年7月25日(木) 東京開催 
メディカルサプリメントアドバイザーセミナー 日本薬剤師研修センター単位付与講座
「大豆イソフラボンの機能性とその応用」

【日時】    2019年7月25日(木)13:00~
【会場】    新宿三井ビル50階 マックスグループセミナールーム
【住所】    東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル50階
【参加資格】 医療資格者限定
【定員】    25名(定員になり次第締め切らせていただきます) 
【研修単位】 日本薬剤師研修センター研修シール1単位
【受講料】  無料 
【共催】    メディカルサプリメントアドバイザー認定講座 / マックスメディカル

【講師】 
天海 智博 【あまみ ともひろ】(潘偉軍)
医学博士、上海出身。
ニチモウバイオティックス株式会社 代表取締役社長

1984年 上海第二医科大学卒業
1992年 来日。順天堂大学医学部にて輸血学を学ぶ
  血液の長期保存及び末梢血幹細胞の保存と移植を研究し、医学博士号を取得
1999年 ニチモウ株式会社 入社
2001年~2004年 米・ハーバード大学医学部客員研究員として在籍
2013年 ニチモウバイオティックス株式会社 代表取締役社長に就任

【内容】
日本伝統的な食文化の精髄である麹菌発酵大豆食品が長寿の秘密でもあり、欧米人に比べて日本人は乳がん、前立腺がんや心臓疾患などの発症率や死亡率が低いことが知られている。
その効果は、大豆イソフラボンにある。大豆イソフラボンは配糖体であり、そのままでは体内に吸収されず、腸内細菌で分泌されたβ-グリコシダーゼという酵素の働きによって糖が分解され、
アグリコン型になってから体内に吸収される。麹菌発酵大豆イソフラボンが配糖体からアグリコンへ変換され、活性化された機能性高付加価値の大豆イソフラボンである。
大豆イソフラボンは体内で種々の生体調整作用を発揮し、骨粗しょう症の予防、更年期症状の軽減、男性前立腺肥大や前立腺ガンの予防、脂質代謝の改善など期待できる

【プログラム】   2019年7月25日(木)13:00~
12:45       受付開始 
13:00~13:10  開会挨拶
13:10~14:40  「大豆イソフラボンの機能性とその応用」
14:40~14:50  質疑応答
14:50~15:00   閉会挨拶
15:00        閉会

【お申込み】
MSA無料セミナーに参加希望の先生は、MSA事務局 info@e-msa.co.jp まで、
下記をご記入の上、メールを返信してください。詳細をメールにてご案内させて頂きます。

①お名前:
②電話番号:
③ご職業:
④MSAの有無:
⑤どこでセミナーを知りましたか。:
⑥「2019年7月25日開催MSAセミナー参加希望」と記してください。

日本薬剤師研修センター認定単位対象
サプリメント動画研修  “サプネット”